logo
 
WebChain/2 Previous Ramdom Jump WebChain/2 Home Next
 メインメニュー
 サイト内検索

検索オプション
 ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 IRC(チャット)
#OS/2:*.jp
楽しみ方はこの辺参照.
投稿者: MSakai 投稿日時: 2016/09/08 07:58:17 (84 ヒット)

今週の OS/2Warp News and Rumors より


* Rich Walsh 氏が Arca Noah 開発チームに加わり、ArcaOS 専用 XCenter widgets だけでなく、XWorkplace の待望の機能のためにも働いています。
* Arca Noae Package Manager が使っている yum bootstrap パッケージが最近更新され、新規インストール時に必要なアップデートが減少しています。
* poppler PDF library の新しいバージョンが使えるようになる Lucide version 1.4.0 が開発中
* DVD 書き込みツール・アーカイブユーティリティ・PNG Desktop を含む Blue Lion に関するニュースはもうちょっと待たれたし。


投稿者: torakun 投稿日時: 2016/08/23 08:55:48 (84 ヒット)

 このソフトは、百人一首の歌と画像を表示し、音声ファイルを再生するものです。
音声ファイルの再生には、mpg123やmplayer等のmp3再生機能を有するソフトが必要となります。
 尚、VirtualBox上のOS/2(eCS)でSound Blasterを選択した環境で、同封した音声ファイルの再生が正常に出来ませんでした。
これは、利用させていただいている元ファイルでも同様でした。
実機やVirtualPC上のOS/2(eCS)やWindowsでは、問題ありませんでした。
原因や解決方法に心当たりがある方が居られましたら、アドバイスをいただけると助かります。
 http://www.vector.co.jp/soft/dl/os2/game/se513909.html

ホームページに、英語版(但し、要codepage 932)を公開しています。
上記の日本語版に上書きして使ってください。
 http://hp.vector.co.jp/authors/VA028575/HyakuninEng.zip


投稿者: torakun 投稿日時: 2016/06/23 22:18:13 (139 ヒット)

 これは、GENE95辞書(Kurumi様作)専用の英和辞書ツールです。
英単語の検索と意味の表示を行います。
日本語の単語を入力すれば、和英辞書の代わりとしても使えます。

 今まで、PMHOOKに付属していた辞書変換ツールで変換したGENE95辞書を使っていましたが、辞書変換ツールを持っていないと使えないという不親切な仕様でした。
今回、自前で変換機能を実装したので、古いOS/2雑誌の付録CDを持っていない方でも利用できるようになりました。
あと、PMHOOKの変換ツールで作った辞書ファイルはかなり単語を削っているので、いままで本ソフトを使っていた方も新しくGENE2.TXTファイルを作り直したほうが良いと思います(作るには既存のGENE2.TXTファイルを削除するかリネームして下さい)。

 Rexx学習帳  アプリへの直リンク

 GENE95辞書

【変更履歴】

v1.08
 1「:」の検索ができないのを修正。 

v1.07
 1 辞書変換機能を追加した。


投稿者: torakun 投稿日時: 2016/06/19 17:13:12 (198 ヒット)

Arca Noae社が、eComStationユーザーに向け、Blue Lion(ArcaOS)開発のために、MACHINE.CFGファイルの提供を求めています。

自分、こんなファイルがあるなんって知りませんでした。

Arca Noae needs your help

In order to make the installation of Blue Lion as smooth and intuitive as possible, we need to update and maintain an extensive database of hardware we are likely to encounter during installation and the drivers associated with the various devices installed in current machines.

Luckily, during the installation of eComStation, a file is created: MACHINE.CFG, stored in <boot drive>\ecs\install\rsp. This file contains all of the relevant data we need to update our current database.

We are asking for community assistance to gather as many MACHINE.CFG files as possible. If you have installed eComStation systems, please attach the MACHINE.CFG file from each one to an email (you may attach multiple files to a single email or send separate ones) addressed to hardware-info at arcanoae dot com. This file should not contain any personally identifiable information, but to be sure, please review before attaching.


投稿者: MSakai 投稿日時: 2016/06/16 03:09:08 (146 ヒット)

USB drivers 10.205 が Hobbes OS/2 で公開されました。

USBMSD ドライバに以下の修正が含められた、とのこと。

1) fixed a serious bug that under specific conditions could lead to clipped or corrupted files.
特定条件下でファイル破損につながる可能性がある深刻なバグの修正

2) increased buffer range for /BUFFER: switch for USB 1.x only systems / USB 1.x devices
USB 1.x 向けの /BUFFER スイッチのバッファーレンジを広げた

3) prevent executing a command while another command is still in progress, this typically leads to problems with device detection if many are already plugged in on bootup


投稿者: KAMUI 投稿日時: 2016/06/07 22:19:04 (152 ヒット)

マルチプラットフォームのビデオプレイヤーVLC media playerの最新版、v2.2.4のOS/2版です。

http://hobbes.nmsu.edu/h-search.php?key=vlc-2.2.4.zip


投稿者: KAMUI 投稿日時: 2016/06/07 20:30:20 (173 ヒット)

Lars Erdmann氏によるUSBドライバの最新版です。


投稿者: achain 投稿日時: 2016/05/09 09:32:52 (212 ヒット)

Download: seamonkey-2.35a2.en-US.os2.zip

インターネットスーツSeaMonkey 38.8.0の,Dave Yeo氏の手によるOS/2向けバイナリです。Bitwiseが手がけている38.6.1での修正を多数取り込んであります。

なお実行にはJavaScriptのi18nサポートのためにicu (yun install libicu) が必要です,また,FFmpeg/Libav (FFmpeg 3.xに非ず) のDLLがLibpath上にあれば,HTML5 VideoにてMP4とAACがサポートされます。yum install ffmpeg_libs とするか,氏のbitbucketリポジトリからlibavをダウンロードして使用してください。


投稿者: KAMUI 投稿日時: 2016/04/03 00:22:03 (227 ヒット)

音声や動画の変換プログラムFFmpegの最新版をOS/2に移植したものです。

http://hobbes.nmsu.edu/h-search.php?key=ffmpeg-3.0.1.zip

動作条件はOS/2 v4以降となっています。


投稿者: achain 投稿日時: 2016/01/25 09:38:01 (365 ヒット)

Download: tmp_thunderbird-31.8.0.en-US.os2-1030764410.zip

先日のSeaNonkey 2.28再ビルド品に続き,Dave Yeo氏の手によるメールクライアントソフトThunderbird 31.8.0の再ビルド品が公開されました。Penrium M (Centrino)をターゲットにビルドされており,Pentium IIIより新しいCPUなら動くだろうとのこと。また,Fontconfigはnetlabsで移植中の新しいものがリンクされています。

本体以外に必要なライブラリや使用上のノウハウはTips for Warpzillaにまとまっています。


投稿者: torakun 投稿日時: 2016/01/22 23:47:06 (305 ヒット)

MITAYOは、A.Y.DAYOさん作のOS/2ネイティブの簡易2ちゃんねるブラウザです。

http://www.vector.co.jp/soft/os2/net/se482078.html

[変更点]
ver1.21(2016/01/10)

・2ちゃんねるの(2015年11月頃の)仕様変更の影響による、スレッドが表示できなかったり、>>2 のレスをスキップして表示する等の不具合を修正。
・「<」と「>」を同時に含むレスの書き込みに失敗する事がある不具合を修正。


投稿者: MSakai 投稿日時: 2016/01/18 22:22:18 (372 ヒット)

ACPI package version 3.23.01 released

1月18日に Arca Noae が OS/2 & eCS drivers and software package 購読者向けに OS/2 ACPI Support version 3.23.01 をリリースしました。変更点は次のとおりです。

* ACPICA 20150930 へのアップデート。ACPI 6.0 がサポートされた
* ドキュメントのアップデートと修正
* 一部のシステムでトラップが発生したとき、再起動の原因となった問題の修正
* サポートされていない IOAPIC setup を持つシステム上では仮想ワイヤモードに自動的に制限
* Wモードで実行する必要のあるシステム向けにPCIセットアップをマイナーチェンジ
* このバージョンからツールキットを変更

なお Document が修正アップデートされているそうですが、readme には相変わらず
For your convenience, this Warpin package also includes updates in separate packages that are not part of the ACPI project and are not related to ACPI. The updated files, each in their own package, are:
* DOSCALL1.DLL
* TCPIP32.DLL
* IBMKBD.SYS
* PSCOM.SYS
* RESOURCE.SYS
* SOCKETSK.SYS

ACPI Setup で一緒に更新されるファイルの中に DOSCALL1.DLL が含まれているかのように書かれています。しかし遅くとも ACPI 3.22.08 以降には含まれていないため、DBCS環境に適用することは可能です。とはいえセットアップの冒頭で
ACPI does not support the language specified by "SET LANG=ja_JP", defaulting to "en" for ACPI only.

「SET LANG="ja_JP" はサポートしないよ」と釘を刺されてしまうのですがね。

そそ readme ファイルによりますと、インストールする前にブートパーテーションのバックアップを取ることが推奨されています。というのも ACPI を WarpIn でアンインストールしても元に戻らないから。また( eComStation に標準装備の)古い ACPI Wizard を使わないようにと断りがあります。そしてサポートされる OS/2 カーネルは IBM 14.104a 以降なので、IBM OS/2 使いの皆さんいかがでしょうか。


投稿者: achain 投稿日時: 2016/01/17 20:36:36 (297 ヒット)

https://bitbucket.org/dryeo/dry-comm-esr31/downloads

統合インターネットスーツSeaNonkey 2.28のDave Yeo氏による再ビルド品が公開されています。
Core2Duoを筆頭にここ8〜10年くらいのCPU向けにオプティマイズしたそうで,「後期のPentium4でも動くかもしれないがCPUが古すぎるとsigillクラッシュする」とのこと。

本体以外に必要なライブラリ等はTips for Warpzillaページにまとまっています。本体ともども,ページ上部の「Test Versions」のところから入手可能です。


投稿者: MSakai 投稿日時: 2016/01/11 12:51:37 (285 ヒット)

Project: WLAN Project

2016年1月7日に Andreas Buchinger 氏による beta3 に向けた最新アップデートである、 Wireless LAN Monitor v3.12 がリリースされました。


Since v3.12 xwlan/wlanstat uses ISC DHCP client instead the OS/2 included one. If you want to use DHCP which is very common with wireless networking install it with 'yum install dhclient'. If you don't like the ISC dhcp client you have to stick with older xwlan versions or use static IP addresses.

With v3.12 wpa_supplicant.exe is included. This is to ease installation as xwlan needs it at the right place. Maybe this will change in future versions.

このバージョンから OS/2 標準に代わり ISC DHCP client を使うとのこと。もし ISC DHCP client が気に入らなければ、旧バージョンの wlan を使い続けるか、 静的IPアドレスを使ってくれとのこと。またインストールを簡便にするために wpa_supplicant.exe も含まれていますが、将来のバージョンで変更される可能性があります。

続き... | 残り1030バイト | コメントする

投稿者: MSakai 投稿日時: 2016/01/05 00:56:11 (353 ヒット)

USB drivers for OS/2

Lars Erdmann 氏による USB driver for OS/2 が2016年1月3日に公開されました。

2014年3月に配布されたupdated USB HID drivers: USBHID.SYS,USBKBD.SYS,USBMOUSE.SYSを置き換えるアップデートだそうですが、収録されている USB ドライバは一揃いあるようです。

readusb ファイルによると、


changes in 10.200:
USBD.SYS:
1) changes to support old and/or small USB sticks
2) serialize HC reset: reset master (EHCI) controllers first,
then reset companion (UHCI,OHCI) controllers,
delay resetting of HCs until most/all of the RUN statements
in config.sys have been executed
this is hopefully solving some device attachal problems
for devices already attached on bootup
3) changes in controlling use of default address (address 0)


USBHID.SYS, USBD.SYS:
1) fixes to clearing a stalled pipe

USBEHCD.SYS, USBOHCD.SYS, USBUHCD.SYS:
1) increase timeout for setting device address (for slow devices)
2) per device, serialize access to endpoint zero
3) increase host controller reset time when /FS switch is used

USBEHCD.SYS, USBOHCD.SYS
1) remove port power on on host controller reset, this is supposed
to get rid of problems where devices will not properly be detected
if already plugged in on bootup

USBMSD.ADD:
1) changes to support old and/or small USB sticks
2) only use "MODE SENSE (10), flexible disk page" command on USB floppy drives,
apparently many new USB sticks do not or do not properly support this command
(and in the scope of USBMSD.ADD it's only relevant to floppy drives anyway)

USBAUDIO.SYS:
1) changes to make volume/bass/treble setting work
2) added initial tracing support (major trace code: 238)

USBCALLS.DLL:
1) added missing exports for REXX functions
"RxUsbDeviceClearFeature"
"RxUsbInterfaceClearFeature"
"RxUsbEndpintClearFeature"
"RxUsbEndpointClearHalt"

changes in 10.199:
USBMSD.ADD:
1) make drives > 65536*255*63 sectors (500 GB) work
2) do changes in 1) also for virtualized large floppy media (Windows formatted USB sticks)
3) increase timeouts for drives that take very long to resume from sleep
4) change device attach to closer match the Windows way of doing things
5) do not send REQUEST_SENSE after each TEST_UNIT_READY command
in order to reduce the number of commands sent

USBD.SYS (,USBxHCD.SYS):
1) deal with external hubs sending more status change pipe data then they should
(gleaned from the Linux implementation)

USBPRT.SYS:
1) change the way stalled pipes are cleared (clear transmission error to get device operational again)

USBCALLS.DLL (,USBRESMG.SYS):
1) latest updates to the interface functions (C and REXX interface)

なお FAQ によると、「Arca Noae 製ドライバが良好に動いている場合はこのドライバの使用は不可」「Arca Noae 製ドライバにはバージョンチェック機能があるため、例外的に混在できるのは USBMSD.ADD のみ」。さらに「USBHID.SYS と USBMOUSE.SYS/USBKBD.SYS、 USBD.SYS と USBAUDIO.SYS/USBMSD.ADD/USBCOM.SYS/USBPRT.SYS/USBHID.SYS/USBETHR.OS2 そして USBD.SYS と USBUHCD.SYS/USBOHCD.SYS/USBEHCD.SYS 間には依存関係があるため、一括置換が必要である」そうです。詳しくは添付の readusb.txt をご覧ください。


(1) 2 3 4 ... 204 »
Powered by IBM OS/2 Warp, Apache, PHP, MySQL and XOOPS Cube