logo
 
WebChain/2 Previous Ramdom Jump WebChain/2 Home Next
 メインメニュー
 サイト内検索

検索オプション
 ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 IRC(チャット)
#OS/2:*.jp
楽しみ方はこの辺参照.
News:Info : Arca Noae progress report
投稿者: torakun 投稿日時: 2019/02/27 07:03:22 (176 ヒット)

Arca Noaeから作業の進捗状況が発表されました。
USB3ドライバの開発は順調な様ですね。
ベータテスタでもない只のユーザーとしては、こういう情報を公開してもらえるのは関心を維持する上にも有難いことです。

https://www.arcanoae.com/arca-noae-progress-report/

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
MSakai
投稿日時: 19/02/28 16:54  更新日時: 19/02/28 16:54
Home away from home
登録日: 11/07/14
居住地: フィリピン海プレート上の静岡県
投稿数: 283
 ArcaOS 5.0.4 に装備される Update Facility
デバイスドライバ

Work is continuing on Panorama. There have been improvements in monitor detection. Our developers and dedicated beta testers discovered some issues on some systems with different EDID types. Other changes to the Panorama PMI have improved compatibility with more systems.

Panorama の開発が継続中です。モニタの検出が改善されました。開発者と専用ベータテスターはいくつかのシステムで、EDIDタイプが異なるいくつかの問題を発見しました。
Panorama PMIに対するその他の変更により、システムとの互換性が向上しました。

The ACPI project continues to get improvements. In addition to the regular updates for ACPICA, there has been work needed to fix some minor issues, increasing compatibility over a wider range of systems.

ACPIプロジェクトは、引き続き改善を進めています。
ACPICAの通常のアップデートに加え、より広範なシステムの互換性が向上させるいくつかのマイナーな問題を修正する必要があります。

The AHCI driver received some improvements to help protect non-MBR disks from accidental damage.

非 MBR以外のディスクで障害による破損から保護するため、AHCI ドライバにいくつかの改善を行いました。

A lot of progress has been made on USB3. We now have a driver that mostly works but still needs further refining before it is ready for alpha testing.

USB3について多くの進展がみられました。現在ある程度動作するドライバが完成していますが、アルファテストの準備前にさらに改良を加える必要があります。

カーネルとブート環境

Work has recently begun to investigate booting of ArcaOS on UEFI-based systems without a vendor-supplied Compatibility Support Module (CSM). Watch for further updates on this project.

最近ベンダーが提供する互換性サポートモジュール(CSM)を使用しないUEFIベースのシステムで、ArcaOSのブートについての調査が開始されています。このプロジェクトの最新情報を確認してください。

ArcaOS 5.0.4

A lot of work has gone into getting the next release of ArcaOS ready. Our next progress update will focus on this, but the biggest news to share is that thanks to our new Update Facility, bringing any version of ArcaOS 5.0 up to date will be a snap: no more reformatting and reinstalling! Instead, just boot from the installation disc, ISO, or USB flash drive, select the ArcaOS installation to be updated, and allow the process to complete.

ArcaOSの次期リリースを準備する多くの作業が完了した。
私たちの次のプログレスアップデートはこれに焦点を合わせますが、今回共有するべき最大のニュースは最新の「Update Facility」で、再フォーマットも再インストールも必要なく、どのバージョンの ArcaOS 5.0 も常に最新にできます。インストールディスク、ISO、またはUSBフラッシュドライブからブートする代わりに、更新するArcaOSインストールを選択してプロセスを完了できます(脚注:何これどういうこと


A lot of work has gone into Installer fixes and improvements, too. For new installations, the process has never been easier or more trouble-free.

インストーラの修正や改良にも多くの作業が費やされました。新規インストールの場合、このプロセスはこれまでになく簡単になったり、問題なく実行されたりします。

外部の開発

Most of our developers also do their own things, away from ArcaOS. Most of these projects find their way into ArcaOS or into the Arca Noae software repositories in some form or fashion. Here are a couple of notable things seeing active development.

Several years ago, Alex Taylor, our Chief UI Architect, began work on a replacement utility for the graphical LVM (Logical Volume Manager) Java applet. Alex has recently returned to that work, and the latest beta is looking promising for inclusion in ArcaOS 5.1.

Alex has also spent some time working on not only the ConfigApps utility which associates various internet applications with the Workplace Shell, and has contributed some new work for NewView, the help and INF viewer. Source code for both of these may be viewed and checked out of the Netlabs NewView project repository.

わたしたちの開発者の多くは、ArcaOS から離れた、自分自身の開発もやっています。これらのプロジェクトの多くは、何らかの形で、ArcaOS や Arca Noah ソフトウェアリポジトリの中で見つけられます。ここで活発な開発がみられる二・三の大事な点を取り上げます。

数年前、私たちのチーフUIアーキテクトであるAlex Taylorが、グラフィカルLVM(Logical Volume Manager)Javaアプレットの代替ユーティリティの開発に着手しました。 Alexは最近この作業に戻り、最新のベータ版がArcaOS 5.1に含められると期待されています。

Alexはまた、さまざまなインターネットアプリケーションをWorkplace Shellに関連付けるConfigAppsユーティリティだけでなく、NewView、ヘルプ、およびINFビューアのための新しい作業にも時間を費やしてきました。これらのソースコードは、Netlabs NewViewプロジェクトリポジトリから表示およびチェックアウトできます。
Powered by IBM OS/2 Warp, Apache, PHP, MySQL and XOOPS Cube