logo
 
WebChain/2 Previous Ramdom Jump WebChain/2 Home Next
 メインメニュー
 サイト内検索

検索オプション
 ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 IRC(チャット)
#OS/2:*.jp
楽しみ方はこの辺参照.
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   アプリ
     XWorkplace-JA (日本語) 1.0.7
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
alt
投稿日時: 08/05/25 20:07
Quite a regular
登録日: 07/11/11
居住地:
投稿: 52
XWorkplace-JA (日本語) 1.0.7
こんにちは。すみませんが、私の悪い日本語はざんえんですね...

日本の OS/2 のユーザの中には、XWorkplace 1.0.7 を使う人がいるんですか。

私は XWorkplace の日本語のバージョンを更新したんです。このレリースは
まだ不全ですから、日本人によってテストされているほうがいいです。

この日本語の訳書は三上じゅんに書かれたが、前のレリースは 1.0.1 ですた。
私は自分で更新しました。

http://users.socis.ca/~ataylo00/os2/utils/xwp-1-0-7_nls-ja.exe
(もちろん、XWorkplace 1.0.7 も所要です。)

今までダイアログとメッセージは訳されました。ヘルプファイルとかはまだ
訳されなかったんです。インストーラの本書もまだ英語で書かれるんです。

Anonymous
投稿日時: 08/06/08 15:49
Re: XWorkplace-JA (日本語) 1.0.7
Thanks for your upload.

ええと「xWorkplaceのNLSリリースがeComStation日本語版リリースの前提条件」と伺ったような記憶がありますが,とりあえずeComStationのことは棚にあげておきましょう。さて,日本語NLSが出てxWorkplaceに興味が沸いたので,Warp4+FP15環境にインストールしてみました。

まず気づいた点を。WarpINでJapanese NLSをインストールするとき文字化けがあります。


該当部分は\xwp\readme.nls によれば

このフャイルは XWorkplace の日本語の国籍言語のサポートを
含んでいます。

まだ日本語で書かれません。

と書いてある部分です。たしかに xWorkplace User Gide and Reference にあるInstalling National Language Support には

Such a package will contain only the language-specific files for a specific language.
NLSサポートパッケージは特定の言語向けに作られたファイルのみを含めるようにしよう。

とあるので,日本語サポートパッケージには日本語で書かれたreadme.nlsファイルが必要なのは分かります。しかしWarpInインストーラで表示できないのは本末転倒な気がするわけです。そこでよくロシア系ツールのreadmeがロシア語と英語で記述されているように,この readme.nls ファイルも英語メッセージのあと日本語訳を含むようにしてはどうかと思います。

余談ですが,最近Liddele and Scott's Greek-English Lexicon(もちろん値段の安いIntermediate版)を使いたくて,常用の英和辞典をThe Anchor Cosmica に買い換えました。5年ほど昔,毎晩夜なべしてOS/2ニュースを書くのに某高校図書室蔵書の判が押してある1990年頃に発行された古い辞書を使っていまして。geekすら載っていない辞書で素人訳だったため,記事の訳し間違いを多くの方にご指摘いただきました。そのようなことを念のため踏まえていただいた上で,以下に簡易なreame.nls日本語訳を掲示したいと思います。

# 骨の折れる作業だった割に don't_readme.nls のままだな,こりゃ(爆)


INTRODUCTION
前書き

The original Japanese XWorkplace translation was done by Jun Mikami and
can still be found at <http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1300/>.
It does not appear to have been updated since version 1.0.1, however.
もとになったXWorkplace日本語版の翻訳は Jun Mikami 氏によってなされ,
<http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1300/>で見つけることができる。
しかしながらバージョン1.0.1以来アップデートされていない。

Using these sources, I have updated it for XWorkplace 1.0.7. This mostly
involved reorganizing the file contents slightly, but it did require the
addition of a handful of new strings. (My Japanese is limited, so they
may be slightly strange, but I tried to do my best.)
そこでそのソースをもとに,わたしはXWorkplace 1.0.7向けにアップデートしてみた。
関連したファイル内容の軽微な改造が大部分ですが,少数新たな文字列を追加する
必要があった。(使われている日本語におかしいものがあるかもしれないが,わたし
なりに最善を尽くしてみた。)


KNOWN PROBLEMS AND LIMITATIONS
知られている問題と制限事項

At present, only the language DLL, the message file, and object creation
are available in Japanese. The following are all still in English:
目下のところ,language DLL,メッセージファイルそしてオブジェクトの作成が
日本語で利用できる。以下に挙げるものはすべて英語のままである。


* The help file and documentation (although I did update a couple of
the more language-critical screenshots)
* ヘルプファイルとドキュメント(とはいえ2-3スクリーンショットを更新した)

* The WarpIN installer text.
* WarpIN インストーラテキスト【注:README.NLSのことか】

* The text used in the XFix utility.
* XFix ユーティリティ中で使われているテキスト

* The driver descriptions used in the Kernel object.
* カーネルオブジェクトで使われているドライバの記述

* The WPS class descriptions used in the Class List object.
* クラスリストオブジェクト中で使われているWPSクラスの記述

* The README and README.NLS files.
* README と README.NLS ファイル

As well, the vertical spacing in some dialogs will tend to be rather
crowded if you have the desktop's default dialog font set to a smallish
value like 9.WarpSans or 8.Helv.
それからダイアログのデフォルトフォントセットを小さめの
Helv 8ポイントやWarpSans 9ポイントにしている場合,いくつかの
ダイアログで縦方向の隙間が詰まって表示される傾向がある。

There are also a few general problems with running XWorkplace on a DBCS
system. These are not problems with this NLS package, but are mentioned
here because they are likely to affect people using it.
DBCS環境でXWorkplaceを動かすと,いくらか全体的な問題も起きる。
このNLSパッケージとて問題がないわけではないが,使う人に影響が
ありそうなことについて言及しておく。

* The desktop-checking code which runs at WPS startup has a problem
with DBCS directory names. This results in an error message that the
object ID <WP_DESKTOP> is not valid, even though it is. However, the
correct value for the desktop path is usually shown in the entryfield,
so in most cases you should be able to press Enter to continue.
* WPSスタートアップ時のデスクトップチェックのプログラムは
ダブルバイトのディレクトリ名で問題が発生する。その結果問題
がないにもかかわらず, オブジェクトID <WP_DESKTOP>は有効では
ない旨のエラーメッセージが出る。しかしながらデスクトップパスの
訂正した値をentryfieldで示してあげれば,ほとんどの場合Enterキー
で先に進めるだろう。

* I've seen some strange problems with strings not displaying properly
(or sometimes at all) in the Trash Can folder. I don't know what
causes this.
* なぜかごみ箱(the Trash Can folder)が表示されなくなる。理由は不明

* XWorkplace itself sets the font on most of its dialogs to 9.WarpSans,
instead of the desktop's default dialog font.
* xWorkplace自体はデスクトップで指定されているフォントの代わりに,
WarpSans 9ポイントをダイアログで使用する。

REQUIREMENTS
要求事項

You should use this NLS package under the Japanese DBCS version of
OS/2, with codepage 932 as the default.
このNLSパッケージはコードページに932が指定されている日本語OS/2下で
使うように。

It will install and run under SBCS versions (like US English), but none
of the Japanese text will be readable (unless you take some special and
rather unorthodox steps which are really not recommended).
(US英語のような)SBCS環境で動かした場合,日本語テキストのどれも
が読めなくなる(なにかトリッキーな方法でも使えば,話は別だが)。

はてさてこれをOS/2システムエディタで書き上げて一眠りしたら,いつの間にかデスクトップが再起動したらしくWarpCenterも表示されていました(もしやxWorkplaceが不安定なのか?)
また「ごみ箱」以外にも,始動フォルダ内が見えなかったり,最近インストールしたNetFinityなどいくつかのプログラムオブジェクトが利用できなくなっていることにも気がつきました。

それに画面下部にxCenterを配置すると,日本語IMEの変換候補が隠れてしまう問題もありますね。WarpCenterだと変換候補表示が上にかぶさるように表示されるのですが。もっともこれは日本語NLSの問題というより,XWorkplaceの問題ですけど(^-^;

以上,こんな点に気づきました〜☆

【6/15追記】WM6なOpera Mobile 8.75ではイメージマネージャ経由で画像を参照できないみたいですね。 とりあえず思い出したのでFirefox 3 RC3でコメントを編集してみました。

---
普段はWindowsMobile6使いのmasakun
Anonymous
投稿日時: 08/06/15 08:06
xWorkplace 1.0.8リリース
xWorkplace 1.0.8がリリースされました。

xwp-1-0-8.zip (Hobbes OS/2)
xwp-1-0-8.exe (netlabs ftp)

ja_nlsが1.0.8に対応する予定はあるのでしょうかね
alt
投稿日時: 08/06/23 20:46
Quite a regular
登録日: 07/11/11
居住地:
投稿: 52
Re: XWorkplace-JA (日本語) 1.0.7

masakunさんは書きました:
まず気づいた点を。WarpINでJapanese NLSをインストールするとき文字化けがあります。


はい、分かります。それは WarpIN のブッグでしょう...
(http://xtracker.xworkplace.org/index.php?bug=1089)


そのようなことを念のため踏まえていただいた上で,以下に簡易なreame.nls日本語訳を掲示したいと思います。

どうもありがとう!

ところで、1.0.8のはちょっと変更されました...

(すみませんが、1.0.8のリリースはそれよりちょっと早いのです。 )


はてさてこれをOS/2システムエディタで書き上げて一眠りしたら,いつの間にかデスクトップが再起動したらしくWarpCenterも表示されていました(もしやxWorkplaceが不安定なのか?)
また「ごみ箱」以外にも,始動フォルダ内が見えなかったり,最近インストールしたNetFinityなどいくつかのプログラムオブジェクトが利用できなくなっていることにも気がつきました。


珍しいね... 正直なところは、ちょっと分かりません... ここでは問題をみえていません。


それに画面下部にxCenterを配置すると,日本語IMEの変換候補が隠れてしまう問題もありますね。WarpCenterだと変換候補表示が上にかぶさるように表示されるのですが。もっともこれは日本語NLSの問題というより,XWorkplaceの問題ですけど(^-^;


その問題もここでみえていません。多分、いつも先端のスタイルはつけられたんですか。


ところで、1.0.8のリリースは今 Hobbes にあります。 
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Powered by IBM OS/2 Warp, Apache, PHP, MySQL and XOOPS Cube