logo
 
WebChain/2 Previous Ramdom Jump WebChain/2 Home Next
 メインメニュー
 サイト内検索

検索オプション
 ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
 IRC(チャット)
#OS/2:*.jp
楽しみ方はこの辺参照.
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   一般
     eComStation 2.0rc をインストール
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
Anonymous
投稿日時: 08/07/14 13:10
eComStation 2.0rc をインストール
実はeComStation 2.0 rc5のセットアップ中なんですが、「インストールボリューム」だのACPIだのと、インストールし慣れたWarp4といろいろ勝手が違って悪戦苦闘しています。
そこでデバイスドライバにまつわる問題やらオプションの設定方法、果てはeComStation Bugtracker への報告の仕方まで、eComStation 2.xのインストールにまつわる雑多な問題をまとめてみたいと思います。

ちなみにうちでテストしたいPCは、IBM NetVista M41 Slim 6843(OS/2 Warp4 公式対応機種)なので、Warp4日本語版はインストールできますし、ドライバも一通り揃っています。しかし eComStation 2.0 rc5 では「サウンドが鳴らない」もしくは「ブート中にストップする」事象が起こっています。

昨日から一日触ってみて遭遇した問題は、

- 日本語コードページで選べるのは 942/943 だけで、943 をデフォルトで利用したいらしい
- Boot with menu for own values にてコードページに 943 を指定すると、SYS1729 が出る。
- keyboard layout でJapanese を選択しても、試し打ちでSHIFT+2 を押すと「@」が入力される
- サウンドはUniversal Audio Driverが選択される(決めうち?)が、音が鳴らない
- すべて英語表記なので、豊富なインストールオプションの選択に戸惑う

ってところでしょうか。

あと、Mensys で Warp4 からのアップグレードライセンスを選んだのですが、ライセンス証書の提示がなく買えちゃったとか。英語でバグ報告しなきゃならないので、英語の表現の仕方でなにか参考になるものはありますか。どなたか教えてください。
Anonymous
投稿日時: 08/07/14 15:15
日本語コードページが943
- 日本語コードページで選べるのは 942/943 だけで、943 をデフォルトで利用したいらしい


これは単にうちのWarp4のコードページが 932,437 の組み合わせで長年使ってきたから違和感を感じるというレベルみたいです。
従来の文字コードとUnicodeの対応に関する諸問題というページによれば、
DOSやWindowsでは、シフトJISのことをコードページ932と呼びますが、 IBMがこれを拡張したコードページ942/943というものがあります。 これは、以下のように、シフトJISで使わないコードに1バイト文字を割り当てたものです。 これらはすべてJIS X 0208にもある文字ですので、

とありますね。

ただ 943 というコードページは使ったことがないので、日本語フォントファイルとかちょっと違うんでしょうか。試しにコードページを943,850にして、NetVistaにWarp4をインストールしてみようかしらん。

Anonymous
投稿日時: 08/07/14 15:44
キーボードレイアウトはDvorak 配列らしい
- keyboard layout でJapanese を選択しても、試し打ちでSHIFT+2 を押すと「@」が入力される


これは Dvorak 配列のキーボードレイアウトを見て納得。

ただ keyboard layout を Japanese にしても Korean にしてもデフォルトの US-English に戻しても同じなのは、きっとバグなんだろうな。
achain
投稿日時: 08/07/15 01:11
Webmaster
登録日: 03/01/26
居住地: とーきょー じゃぺーん
投稿: 2597
Re: eComStation 2.0rc をインストール
私は2.0rc4までしか触っていませんが,
インストーラでキーボード配列=Japaneseが選べますけど,選んだ瞬間にエラーのbeep音が鳴りませんか?さも「使えません」といわんばかりに。

OS/2のコードページまわりをよく知りませんが,経験から言うと

● いくつかのシステムファイル(DOSCALL1.DLLとか)はコードページ依存。
 →日本語コードページに対応したファイルが無い以上,eCS英語版をどうこねくり回しても主コードページを932/942/943に出来ない。

● OS/2やeCSのkeyboard.dcp内の日本語キーボード情報(JP103とかだっけ?)は,システムが日本語コードページであることを要求する。
 →システムの主コードページを日本語に出来ない以上,日本語キーボードもまた使えない。

という感じに思えます。
eCSを日本語化するなら,日本語版MCP/ACPとのマージは不可欠でしょう。ただその場合,「MCPのファイルをeCSに持って行ってeCSを日本語化」よりは「eCSのコンポーネント(カーネルとかACPIとかetc)をMCPにインスコしてMCPをeCS化」の方が簡単なような…気がしないでもありません。主要なコンポーネントはBetazoneから単体で落とせますから。

ちなみにコードページですが,IBM932とIBM943のどちらを使っても同じだと思います。MCPの\language\codepageを見るとIBM-932は単にIBM-943の別名ですし,Mozilla系アプリもIBM943が使えるならIBM932よりそっちを優先したはず
Anonymous
投稿日時: 08/07/15 08:54
eComStation 2.0rc と日本語
ははぁ。たしかにbeep音は鳴りましたが、「さも使えません!」とは聞こえませんでした(笑)
でも US English ではなぜ鳴らないのだろうとは思いましたが、これで謎は解けました。

ええと日本語化の話はできれば避けて通りたかったのですが、

eCSを日本語化するなら 「eCSのコンポーネント(カーネルとかACPIとかetc)をMCPにインスコしてMCPをeCS化」の方が簡単なような…気がしないでもありません。

MCP日本語版をベースにという点は同感です。

そして開発者側はachainさんが指摘されるDBCS環境の特殊性をいまだ理解していない様子で、たとえば英語版eCS 2.0上で国コードにJapan を指定すると、コードページに943,850(もしくは850,943)が実際に選択でき、config.sysにも書き込まれます。しかし全くテストしていないのか、Bugtracker 0001948 で「ブート時に sys1729 が出る」と指摘されてはじめて、DBCS圏のコードページは選択できないようにするみたいです。
その上 eComStation installer では日本語フォントもインストールできるのです。Select Component → Fonts → International Fonts から Japanese font をチェックすると、HeiseiKakuGothic / HeiseiMincho フォントが 新JIS/旧JIS 合わせて合計4種インストールされる豪華仕様。Firefox 2 で日本語ページの表示に利用すらできないフォントを、eCS2.0では何のためにインストールするんでしょうね。

ところで (rc5ではデフォルトが有効になっている)ACPI をインストーラ上で無効にしたら NetVista のインストールはうまくいきました。スクリーンショットなどはWebの方で、config.sysファイルは日記にアップする予定ですけど。




achain
投稿日時: 08/07/15 09:25
Webmaster
登録日: 03/01/26
居住地: とーきょー じゃぺーん
投稿: 2597
Re: eComStation 2.0rc と日本語
eCS英語版のまま日本語キーボードを使おうと思ったら,この辺を参考にkeyboard.dcpをハックして「CP437やCP850で使えるJP103キーボード」ってのを作ってやらねばいかんのでしょうね。Swapdcpがソース付きなんで,これを利用するのが手っ取り早いかも。

あとは,Keyboard Layer/2を入れるとコマンド窓で日本語キー配列が使えたりした記憶はありますんで,気が向いたら遊んでみるとよろしいかと。
Anonymous
投稿日時: 08/07/16 10:20
Re: eComStation 2.0rc と日本語
まあ配列が違うってだけみたいなので、どのキーを押せばセミコロンが打てるのか調べてキートップにシールでも貼って逃げようかと思っていましたが、keyboard.dcp のハックですか。スマートですね。時間があったら挑戦してみようかな(昨日は久しぶりに6時間寝たので、ほとんど触れませんでした。笑)

ところで rc5 ではデフォルトでACPI が有効にされていますが、古いハードウェアでは無効にしておいた方がいいみたいです。
eComStation Bugtracker 0002128: T23 and power management(要認証)

Just don't use ACPI at all on such old hardware.

Posting stuff like this will for sure be closed as "won't fix" because Pavel
has enough to do with getting newer stuff to work.

どこからが古いハードウェアになのか線引きが難しいところですが、IBM公式対応機種あたりは「古いハードウェア」扱いなんですかね。うちの NetVista もACPI を無効にして APM をautodetect したら音が鳴るようになりましたが、省電力状態から復帰するとサウンドが鳴らなくなりますな。orz(8/9追記 一時的なものだったらしいです)



Anonymous
投稿日時: 08/07/16 19:33
Codepage 943とJapanese Font
Firefox 2 で日本語ページの表示に利用すらできないフォントを、eCS2.0では何のためにインストールするんでしょうね。

eComStation 2.0 rc5 の CONFIG.SYS を編集して、
CODEPAGE=943,437
にしましたら、特にエラーもなくデスクトップが起動しました。それに主コードページが943ですから、

Unicode transrate table for CP943 loaded

というUniClipのメッセージも見えました。
それで WarpCenter から S:\\readme (Warp4 インストールCD-ROMから日本語README) を開き、AEのOptions -> Font で HeiseiMincho W3 90 TT を選んでみましたら、きちんと日本語で表示されました。



これでeComStation 2.0英語版でも、コードページを943にすれば、コピペで日本語が扱えることが分かります。で、日本語キーボードレイアウトの問題はキーマッピングのシール(もしくは英語キーボードに入れ替え)で対応する(笑)として、肝心の問題はJapanese FEP (IME) ですね。
Anonymous
投稿日時: 08/07/16 22:21
Re: Codepage 943とJapanese Font
コードページを943にすれば、コピペで日本語が扱えることが分かります。

これは問題カキコですね。まだ「コピペで」日本語の文字列を操作しているわけではありませんから。それを試す前にちょっと気がついたことがありまして、

システムフォントの問題なのか、ほぼすべてのプロパティの一部のタブで文字が読めなくなっていることです。しかし右にあるFirefox.exeのプロパティのLANGUAGEタブは問題なく表示されていることから、すべてのタブの表示がおかしくなっているわけではないことがお分かりいただけるかと思います。

もちろん CODEPAGEを437に戻せば、スクリーンショットのような問題は起きません。

- * - * - * -

ところでInternational Fontsの中にはUnicode Fontもありますから、わざわざ日本語しか表示できない、しかも表示が美しくない、HeiseiKakuGothicやHeiseiMinchoをインストールしなくてもいいような気がします。

しかし Convenience Package 2 for IBM(R) OS/2(R) Warp 4 README によれば

4.6 Fonts For DBCS Users
------------------------

The WorldType (R) fonts have been updated on the Warp 4 C-Pak2 Installation CD. Monotype Sans Duospace WT (tm) and
Times New Roman WT (R) provide improved font quality under certain circumstances. These fonts should be used only when using JDK 1.3.0 or later on DBCS versions of OS/2.

これらのUnicode fontは本来Java for OS/2で使うべきもののようですね。だからわざわざJapanese Fontが追加されているのかなぁ…とか思いました。
Anonymous
投稿日時: 08/07/17 08:34
Re: Codepage 943とJapanese Font 追記あり
Shift JISで書かれたHTMLページをFirefox 3 で表示してコピー、
コードページ943のOS/2ウィンドウから立ち上げた ae.exe (エディタ)にペーストして
フォント設定を変えてみましたが、ダブルバイトの文字は見事に

?????????

になってしまいました。コードページをいじる程度の小手先ではJapaneseをうまく
扱えないということですね♪

できるのは日本語ファイルの表示くらいまでだよ、ということ。

期待させてごめんなさい。(←誰もしてないって)

【8/9追記】eComStation でのシステムエディタae.exeの振る舞いについて、現時点で分かっていることをまとめてみる。

- 主コードページが437であろうと943であろうと、日本語フォントを指定すれば、AEで日本語テキストファイルの表示は可能。
- 主コードページ943で、日本語フォントを指定したAEから日本語文字列(例:素晴らしきかなOS/2)をコピー、Firefoxにペーストすると文字化け(例:f░羽乘迂゛½陰遨╚OS/2)する。
- 主コードページ943で、Firefoxから日本語文字列(例:素晴らしきかなOS/2)をコピー、日本語フォントを指定したAEにペーストすると文字化け(例:???????OS/2)する。

つまりAEを介して他のPMアプリと日本語テキストのやりとりをするのは不可能。
Anonymous
投稿日時: 08/07/18 06:54
Re: Codepage 943とJapanese Font
仕事中に思いついたので、もう一例を検証してみた(仕事しろ)

# 仕事中も/.とmozilla系とOS/2サイトしか巡回しないので、最近話題が偏りすぎ(w

eComStation上のFirefoxから日本語文字列をコピー。
Firefox.exe を終了
ae.exe にペースト(この時点で文字化け)
Firefox.exe を起動して、Google窓にペースト(日本語文字列で表示)

たしかWarp4日本語版でテキストエディタを使ってファイルを保存すると、Gothic だったかフォント情報が ひもついていた覚えがあり(今Warp4立ち上げるのがメンドイので、うろ覚えのまま書く)。 eComStationはコードページを変更しただけなので、Helvなどのシステムフォントは英語フォントのまま。 それがテキストエディタに貼りつける時に影響したのではないかと推測。 (8/9に訂正しました。 詳しくは、このスレッド上にある8/9追記記事をどうぞ)

Firefoxで大丈夫なら、OOo 2.4beta でもうまくいきそうな気がしてインストールを試みたが、
なぜかOOo240b2-base.wpiをクリックしてもWarpIn が立ち上がりもしない。rc5には Warpin 1.0.17 がセットアップ済みなのに、
あとなんか足りないシステムファイルがあるのか。

# Warp4日本語環境ではOOo2.4beta2が動いているんだけど、どうもインストール時の記憶はすっかり忘却の彼方へ行ってしまったらしい

(続く)
Anonymous
投稿日時: 08/07/18 07:46
全世界にecsユーザーは何人いるのか
eComStation Bugtrackerを覗くのが日課となりつつあるが、eComStation.comにログインしてバグトラッカーにアクセスすると、画面の左上に
logged in as: ecs9779

と表示されている。このログイン番号はつい1週間足らず前に頂いたものだが、eComStation 1.x ユーザーって全世界に1万人ほどしかいないのか気になりました。
おそらく英語版とドイツ語版ユーザーが大半を占めるのでしょうから、日本語版なんか開発したって不採算っぽい気がしてならないんですよ。どうせなら日本語ローカライズで済ませるのではなく、英語版でも日本語が完全に扱えるようにして、Win2Kみたいなマルチランゲージ対応にして企業ユーザーに売り込みたいというのが本音なのかもしれません。

# 根拠のない戯れ言だけどふと書いてみたくなった



Anonymous
投稿日時: 08/07/19 14:54
Re: Codepage 943とJapanese Font

Firefoxで大丈夫なら、OOo 2.4beta でもうまくいきそうな気がしてインストールを試みたが、なぜかOOo240b2-base.wpiをクリックしてもWarpIn が立ち上がりもしない。rc5には Warpin 1.0.17 がセットアップ済みなのに、あとなんか足りないシステムファイルがあるのか。

これはコードページが943だから

結構「437(もしくは850?)でない」と動かないプログラムはあります。前述のWarpIn然り、Logical Volume Maneger然り、OpenOffice.org 2.4beta2然り。うちではよく使うPMView2000やPM123は大丈夫でしたが…

プロパティのLanguageタブで副コードページの437(うちの場合)に切り替えてもいいみたいですが、ここの設定、システムが再起動すると元に戻ってしまうようです。

そこでFirefoxから日本語文字列をコピーして、OOo-2.4dev Writerにペーストするというのをやってみたのですが、スクリーンショットにあるとおりOKでした。


ただOOo2.4betaで使える日本語フォントは、IBM製Javaに付いているフォントに限られます。もっともこれはWarp4+FP15環境上でOOo2.4beta2を使う場合でも同じですが、さすがサポート環境のせいなのか句読点の位置は改善されますね。

コードページ943で日本語をいじるテストはひとまず終了です。日本語のフロントエンドがないわ、システムフォントとして日本語をサポートしたWarpSans/Helv Combinedフォントを持っているわけではありませんから>eComStation 2.0
Anonymous
投稿日時: 08/07/23 21:57
Country Palette 追記あり
今インストールしているeCS2.0rc5は codepage=437,943 にしています。
前にも書きましたが、主コードページを943にしてしまうと、プロパティのほとんどのタブで
表示が醜くなるためです。ま随時副コードページに切り替えれば、PM123 でも日本語
タイトルスクロールができますから、日本語入力ができないのさえ我慢できれば最高の
遊び環境です。

で、今日はWarp4Jでいうところの国別情報をいじってみました。
Local System → System Setup → Locale とクリックしていくと、Country Plette が
現れます。デフォルトでは en_US しかありませんが、Locale → Open as → New locale
とクリックしていくと、Locale Name を入れろと催促されましたので、

ja_JP

としますと、あら不思議。Locale Configuration ja_JP の Monetary タブで \ が表示
されたり、Time タブで「午前」「午後」と表示されます。特に惜しいのは、デフォの Format
String が %I:%M:%S %p になっていて、時計表示が 「09:26:21 午後」になっていること。
サクッと %p を前にもっていったのは言うまでもありません。他にもたくさん設定がありますのが
フォントの都合か value の下半分しか表示されないのでいじりづらいのが難点。

とりあえず ja_JP のプロパティを閉じて、右クリックの Mark as default を選んでみましたが、
表示に変化なし。うーん、ダメが。いやありました。ここでデフォルトに指定すると、eCenter
の時計表示の PM が見事に文字化けしました(爆)

こりゃPMのシステムフォント(PMNLS*. あたりのファイルやPS55GUIとか)を移植する手だてを
マジで考えてみる?あんまし時間の余裕はないけど(苦笑)

【7/24追記】eComStation Registry Editor でキーを探してみました。
My Computer/HINI_USER_PROFILE/PM_National

Warp4+FP15 環境と比べてみますと、Key Name で eCS 環境に足りないものがひとつ。

(Name) iKeyboard (Data) 18

他のものは Name はあるけど、Data が違うとか、そんな感じ。とりあえず Modify String
Value で eCS にキーを追加してみました。ちなみに c:\LANGUAGE\KEYBOAD\ には
ちゃんと JP.KBL があるし。

CONFIG.SYS のコードページを 943,437 に代え、 SET LANG=ja_JP にして、再起動。

・・・もう寝る。

【8/9追記】OS/2 and Multilingual Character Sets Part 3(Voice Newsletter, July 2008)によると

Notice that all the non-supported characters have been replaced in the message display with the “house” symbol (⌂). This is the default substitution character for codepage 850, which I was using when this screenshot was captured.

とある。なぜ時計表示が 02:21:21 ⌂⌂ となるかといえば、eCenter/eComCenterの時計表示で指定されているコードページが850に決めうちになっているのが原因のようだ。それで無理やり日本語のシステムフォントに変えても無理そうだ。
Anonymous
投稿日時: 08/07/27 18:23
eComStation 2.0rc5 を日本語化!?
コードページに943が指定できたり,国別情報でjp_JAを指定するとデフォルトが設定されているのをみると,eComStation 2.0では日本語表示くらいならなんとかなるような気がしてきた。そこでos2.iniとNLSファイルをWarp4+FP15日本語版からひっこぬいて,os2.iniにもそれらしいものを追加すれば,デスクトップのアイコン表示で日本語がでるかもしれない。そうなればLucide for eComStationといったeCSアプリで日本語メニューが実現するかもしれない(実は細々と日本語メニューも作っていたりするけど)

とりあえずWarp4の\os2\dllから,??nls* ファイルとPS55GUIファイルを根こそぎeComStation 2.0の\os2\dllにコピーする。

すると,どうだろうか。とりあえず以下のファイルはすでに存在していたので,上書きせずに残しておく。
02-03-08 20:16 512 NLS.DLL
03-07-16 0:27 45,546 WPNLS.DLL

次に Initor 2.5 (Free OS/2 INI File Editor) という愛用のINIエディタをeCSでも起動して,Warp4のものを見ながらUser Profileを編集する。追加したものは次のとおり。

PMNLSFNT    PMNLSFD1   \OS2\DLL\PMNLSFD1.FDR

PMNLSFNT    PMNLSFD3       \OS2\DLL\PMNLSFD3.FDR

PMNLSFNT    PS55GUI \OS2\DLL\PS55GUI.FDR
PMNLS_DBS_FONT ShiftJIS_Arrangement JIS90
PMNLS_Display Compatibility 2
PMNLS_Display SystemFont Helv Combined,7,16
PMNLS_Display VioFonts MINCHO
PM_Fonts PMNLSFD1.FDR \OS2\DLL\PMNLSFD1.FDR
PM_Fonts PS55GUI.FDR \OS2\DLL\PS55GUI.FDR
PM_Font_Drivers PMNLSFM.DLL \OS2\DLL\PMNLSFM.DLL

編集したものは次のとおり。
PM_SystemFonts IconText  9.WarpSans Combined

そうして主コードページを943にして,eComStationを再起動してみたが・・・肝心のWarpSans CombinedもMINCHOも選べない。ダメじゃん。

そういうわけで第2フェーズに突入。さっき残したNLS.DLLとWPNLS.DLLを上書き導入してみた。それでも何も変わらない。おかしいなぁと思いつつ Initor 2.5 で確認してみると,eComStation ではすべてファイルの位置がフルパスで記述されていた。それですべてにc:を付けて,再起動。さっぱり変化なし。・・・というわけで,まだまだ足りない設定/ファイルがあるみたいなのですが,Warp4日本語版のどこを見たらいいのかなぁ。

そういえば /2mag No.17(Mar 1997)の「プログラミング情報局」(p106)で,かな漢字変換であるIM32 APIについての情報が,J-Pocket2 に INF形式で収録されているとあったよな。また今度 CD-ROM が発掘できたら,何かヒントを見つけるために読破してもいいな。

このままじゃ悔しいので,一番見やすそうなTimes New Roman WT J フォントを使って,デスクトップの日本語化をして遊んでみた。

# 実はWarpSans Combinedなんか入れなくても実現できることは知っていた

アイコンテキストを日本語のものにコピペした後(プロパティのIconタブのTitleに放り込む),(Appearanceにある)フォントパレットからフォントをD&Dして変更する,これぞまさにWorkplaceの流儀で。好きなだけいじくったら,あとは記念にスクリーンショットをとっておこう。(見せ合いスレに投下します)

しかし問題発生。日本語化してしまうと,コードページ437に戻した途端、豆腐だらけになっちまうな(笑)デスクトップ表層だけに留めて深い階層は訳すのをやめておこう。
Anonymous
投稿日時: 08/07/30 03:19
Re: eComStation 2.0rc5 を日本語化!?

Ajax IME を使ってeComStation 2.0rc5で日本語入力をテスト中です。
慣れないと難しい!
本当はWarp4のThinkPadでつなぎたかったのですが、久しぶりに使ってみた3Com EtherLink IIIが断線していて、やむなくeComStationでつないでみました。

【追記】一晩つないでOS/2とは信じられないほど極度のモッサリ感。swapper.dat のファイルサイズにびっくりしました。詳細は帰宅してから。
Anonymous
投稿日時: 08/08/03 21:29
デフォルトでは停止中になっているeComStation Firewall
【追記】一晩つないでOS/2とは信じられないほど極度のモッサリ感。swapper.dat のファイルサイズにびっくりしました。詳細は帰宅してから。

初めてアクセスした時3時間ちょっとでswapper.datが600MB overになってて超焦りました。たしかに128MBしかメモリは積んでいませんので、config.sys でのデフォルト設定
SWAPPATH=C:\OS2\SYSTEM 2048 2048(eComStation 2.0 RC5 導入記その2)

は少なすぎるとしても、swapper.dat ファイルが短時間でOS/2システム相当のサイズになったのには驚いたのです。それだけスワップするのですから、接続が長くなるにつれ気の遠くなるほどブラウザのレスポンスは悪くなる一方。で、何が原因だったかというと、どうもeComStation Firewall が有効になっていなかったらしいのです

PCの発熱やら電気代を考えると、家にいない時はPCはもちろんのことADSLモデムも電源オフにしているのですが、モッサリ感の原因は分からずじまいでした。しかし一昨日ひょんなことからInjoy Firewall for OS/2を導入したところ、ブラウザのもっさり感が解消されたのです。でもeComStation 2.0ってFirewallが実装されているんじゃないの?確かにそうなんですが、実はデフォルトでは有効になっていないのです

スクリーンショット右上にあるのが eComSattion Firewall ですが、よくみると
Firewall inactive
To activate firewall press button Run
とあり、緑の三角ボタンを押さないと有効にならないよって書いてありました。きゃー、恥ずかしい。

【8/4追記】Firewall が無効だったのでスワップファイルが600MBになったというのも信じられない話ではありますが、解決済みということにしておきましょう。今はスワップファイルのサイズをconfig.sysで81920に指定してあります。ちなみにググったらPortScan診断のサービスをやっているところがありました。一度Firewall を無効にして調査をお願いしてもいいかな(笑
Anonymous
投稿日時: 08/08/07 20:21
eCenterとeComCenter/eComStationのバージョン確認方法
masakunのeComStationトホホ日記のお時間です。
今日もまたAjax IMEのお世話になりつつ、eComStationから(今日は主コードページ437、副コードページ943で)お送りします。

さて、eComStationをインストールしてまっ先に表示されるのが、画面下側にみえるeCenterです。Windowsでいうところのスタートボタンに相当する、左端にありますeButtonです。Desktopフォルダの階層表示から、Lockup now/Restart Desktop/Run/Shutdownといったスタートボタン相当の機能を持たされています。そしてeCenterの右クリックで表示されるメニューからwidgetを選択して、機能の拡張を図ることができます。また左から4つめのshutdownボタンを押すと、eComStation: Extended Shutdownというダイアログが表示され、Reboot optionとしてShutdown onlyかStandard Rebootが選べます。1度選択して実行すると、次回も同じオプションが選ばれます。またEmpty trash canにチェックを入れると、ゴミ箱も空になります。

次に[Local System]-[Install/Uninstall]-[eComCenter Install/Configure]から設定できる、WarpCnterライクなeComCenterをご紹介します。やはりこちらもデフォルトで下側に表示されまして、eCenterと重なる仕様は間抜けというか、だれも気にならないのでしょうかね。WarpCenterと同じ使い勝手ですが、若干ボタンのデザインがeCenter譲りです。それが紛らわしさを増しています。左から数えて5つめ、Initiate system shutdownを選ぶと、shutdownしかできません。WarpCenterライクな操作性を継承したといえばそれまでですが、電源ボタンを押さないと電源が切れないのは、前世紀の遺物そのまんまです。
ところでうちの環境ではeComCenterがなぜかconfig.sysに記述されないのですが、[Programs]-[Utilities]-[eComCenter]で起動させることができます。ここからシャドウを引っ張ってきて、[Startup]フォルダに放り込んでもいいかもしれません。

【8/11追記】eCenterとeComCenter、それぞれほぼ同等機能なのですが、ePagerで仮想デスクトップを使うとき、eComCenterはデスクトップフォルダのタイトル表示に代わってしまいます。どうりでeComStationのスクリーンショットではeCenterばかりを見かけるわけです。
-------------------------------------------------
ついでに書いておきますが、以前ステラコーポレーションの大村さんと、eComStationのバージョンはどこで確認できるのかという話が出たので、今回eComSttaion 2.0rc5で確認してみました。まずはCommand Prompt (Window) 表示から。

[C:\]ver /r

The Operating System/2 Version is 4.50
Revision 14.097

続いてsyslevelコマンドの実行で、

(略)
C:\OS2\INSTALL\SYSLEVEL.ECS
eComStation Operating System
Version 2.00 Component ID 5639A6101
Type 0C
Current CSD level: XR0C004
Prior CSD level: XR04503

C:\OS2\INSTALL\SYSLEVEL.FPK
OS/2 Convenience Package Service Level
Version 1.00 Component ID 566933010
Type Fixpak
Current CSD level: XR0C004
Prior CSD level: XR0C004

C:\OS2\INSTALL\SYSLEVEL.GRE
IBM OS/2 32-bit Graphics Engine
Version 4.52 Component ID 5639A6101
Type 0C
Current CSD level: XR04503
Prior CSD level: XR04503

Press Enter (<─┘) to display next page.

───────────────────────────────
Enter

最後にデスクトップの[Help]-[Product Infomation](スクリーンショットで真ん中あたり)。

eComStation Desktop
Version 2.0
(C) 1992,1996 IBM Corporation.
(C) 2001-2008 Serenity Systems International.

ほかにもありましたら、またご報告したいと思います。
Anonymous
投稿日時: 08/08/24 20:01
eComCenterの怪
OpenOffice.orgやFirefox3のようなUnicode対応アプリであれば、コードページが437であっても日本語が扱えることが分かったので、もっぱら codepage=437,943 で動かしている今日この頃です。aeで日本語の説明テキストを読みたい(でもコピペは不可能)とか、PM123で日本語タイトルスクロールさせたい時だけ、個々のプログラムのプロパティ(LanguageタブのCodepage切替)をまさぐっています。
ところでうちの環境ではeComCenterがなぜかconfig.sysに記述されないのですが、[Programs]-[Utilities]-[eComCenter]で起動させることができます。ここからシャドウを引っ張ってきて、[Startup]フォルダに放り込んでもいいかもしれません。

結論から申し上げますと、って今まで試してみなかったんかいという突っ込みはご容赦ください、なぜかeComCenterはシャドウが作れません(右クリックメニューではMove、Create Shadow..はおろか、そしてプロパティ表示も選択可能なのだけど)。

よってウチの環境ではeComCenterが自動起動しません。ま、eCenterがあるのでどうでもいいけど、デフォルト設定ではウィンドウを最大化すると隠れてしまうので、eCenter PropertiesでeCenter frame設定にある Reduce Desktop workareaにチェックを入れておくと幸せになれるかも。

BTW, eComStationを再起動するとFirewallが自動で有効にならないのだけど、淫女医火壁を使い続けた方がいいのかな。ちなみにうちでもアンインストールがうまくいかないのですが。そろそろ新しいテストマシンを手に入れて、eComStation 2.0rc6を導入したいので、Injoyの件は保留にしておくつもりです。

ちなみにCPUはCeleron 1200MHz でも通常は十分かと思われますが、JFSのキャッシュに割り当てられることを考えるとRAM128MBでは少々かったるいです>eCS 2.0rc5(フルインストール)
alt
投稿日時: 08/08/31 11:55
Quite a regular
登録日: 07/11/11
居住地:
投稿: 43
Re: eComStation 2.0rc をインストール
日本語ヴァージョン:
このスレードを読んだところです... 私は本当に日本語をあまり分からないんですが、この言を言って、がんばります。

英語のeComStationでは日本のコードページを使うばあいは、問題がいっぱいあるはずです。

始めに、コードページ943と932がおなじのに、943はCONFIG.SYSで使うことが出来ません。932を使わなければなりません、COUNTRY.SYSの中にそれだけありますから。

皆さんはたぶんもうレジストリーの「PM_AssociateFont」の機巧を分かるんです:
http://www.os2voice.org/VNL/past_issues/VNL0207H/feature_2.html
この方法で日本語をPMの中でみえられます。しかし、日本のいいフォントが入用です。「EPSON 丸ゴシック」がいいと思います:
http://www.i-love-epson.co.jp/download2/printer/driver/win/page/ttf30.htm
(でも、エディターの中で日本語じゃないフォントを使えば、時々折り悪くアーチファクトあるんですが...) 

ところで、DBCSのフォントドライバーがないので、英語のOS/2では「Combined」のフォントが出来ません。

ConText/2を使う時はMozillaとかにコピーとペーストがちょっと出来ます。(アプリケーション → ConText/2 → Mozillaなどをペーストし、反対も。)
http://users.socis.ca/~ataylo00/programming/os2/#context

ところで、私は日本語のeComStationを作りたいですが、むずかしいはずですよ。


English version:
I only just found this thread. To be honest, I can't read very much Japanese, but I'll try to write some remarks...

I expect there will be a number of problems in using an English version of eComStation with a Japanese codepage.

First of all, even though codepages 943 and 932 are equivalent, you can't specify 943 in CONFIG.SYS. You have to use codepage 932, because that's the only one programmed into COUNTRY.SYS.

Maybe you already know about the "PM_AssociateFont" trick:
http://www.os2voice.org/VNL/past_issues/VNL0207H/feature_2.html
This technique lets you display Japanese under PM. However, you do need a good Japanese font. I think "Epson MaruGothic" works well:
http://www.i-love-epson.co.jp/download2/printer/driver/win/page/ttf30.htm
(Unfortunately, however, doing this tends to cause artifacts if you use a non-Japanese font in a text editor.)

By the way, you can't use a "Combined" font under English OS/2, because it doesn't have the special DBCS font drivers.

If you use ConText/2, you can copy/paste into Mozilla etc. (i.e. pasting application -> ConText/2 -> Mozilla etc.; and vice versa.)
http://users.socis.ca/~ataylo00/programming/os2/#context

Incidentally, I really want to create a Japanese version of eComStation... but I expect it'll be quite difficult.
(1) 2 3 4 ... 7 »
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Powered by IBM OS/2 Warp, Apache, PHP, MySQL and XOOPS Cube